チラシを使って宣伝する

チラシを使って宣伝する時のポイント

メール配信の業務をスタートさせる場合には、インターネット上の宣伝が主になります。ですが、逆転の発想であえてチラシを使って宣伝する方法もあります。チラシを使う場合には、やみくもにチラシを投函してもあまり意味がありません。なぜなら、多くの場合メール配信自体に興味を持っていないからです。そこで、自分でチラシをまく場合でも業者に任せる場合でも、絞り込みを行うことが必要です。絞り込みを行う場合どのような人々にターゲットを絞ったらよいかといえば、主に企業になります。個人でメール配信をする人はあまりいませんので、会社を中心に投函すると良いでしょう。会社の中でも、古くからある個人経営のところではなくどちらかといえば中規模の会社にまくと売り上げにつながる可能性が高くなります。

どの地域にチラシをまくか

どの地域にチラシをまくかはとても重要になりますが、インターネット上で契約をする場合にはわざわざ自分の地元にまく必要もありません。そこで、あえてオフィス街などを選んでチラシをまいてみるのも一つの方法になります。この場合自分自身で行ってもよいですが、距離が遠い場合には遠くの業者に任せるのも一つの方法です。
例えば、オフィス街と言えば東京23区を思い出す人もいますが、あえて地方の中心地の周辺の会社に絞り込んでみるのも悪くありません。なぜなら、地方の会社はメール配信などに力を入れているところが少ない可能性があるからです。このように、少しずらした発想することによりより契約ができる可能性が高まります。チラシをまく時期は特に決まりがありませんが、年度が変わる時などは有効になります。

メール配信リクエストを外部システムと自動連携したものが、メール配信APIです。XMLファイルに必要な情報を記載してアップロードすると自動でメールを配信できます。